みなさん、毎日十分な量のビタミンを摂れていますか?

ビタミンは私たちの体にとってとても重要な栄養素です。

ビタミンは野菜や果物だけでなく海藻類、貝類、肉や魚にも含まれています。

それぞれのビタミンをバランスよく摂取することが大切です。

 

しかし、最近ではファストフードなど低い栄養素の食品が増えたことで、1日の摂取量の基準値に達していないビタミンも多く、現代人はビタミン不足となっています。

私たちの体を維持していくのに重要である”ビタミン”。

どうしてビタミンを摂ることが必要なのか紐解いていきます。

 

 

ビタミンとは?

そもそもビタミンとは一体どのようなものなのでしょうか。

ビタミンは体の健康を維持するのに必要な栄養素であり、生きるためには欠かすことのできない成分でもあります。ビタミンの多くは体内で生成できないため、食品から補う必要があります。

またビタミンは三大栄養素である「炭水化物」「タンパク質」「脂質」の働きを円滑にする役割をもっているまさに”潤滑油”なのです。

 

ビタミンは、「脂質性ビタミン」と「水溶性ビタミン」の二種類にわけることができます。

水溶性ビタミンは摂取しても体内にとどまらず、尿と一緒に体外へと排出されます。

一方、脂質性ビタミンは摂取するとそのまま体内へと蓄積されます。

 

そのため水溶性ビタミンは一度に多く摂取しても、時間が経つと体外へ流れ出てしまいます。

水溶性ビタミンは少量を1日の内複数回に分けて摂取することが効果的です。

また脂溶性ビタミンは脂質と一緒に摂取すると相乗したより良い効果が得られるのです。

 

ところがビタミンは健康に良いからといって、大量に摂取すればいいというわけではありません。

1日のうちに摂取すべき基準量が決まっているため、その値まで摂取するように心がけるようにしましょう。

 

 

ビタミンが必要な理由

前項では、ビタミンが人間の生命維持に必要な三大栄養素の働きを助ける役割をもっていることをお伝えしました。

ビタミンが不足すると、この三大栄養素の働きを円滑にすることが出来なくなります。

体に必要な働きが出来なくなると、体には様々な支障が生じてきます。

 

このようにビタミンが不足した状態を「ビタミン欠乏症」といい、

どのビタミンが不足しているかによって、そのビタミン特有の症状が現れるようになります。

 

例えばビタミンB1が不足すると、疲れやだるさ、食欲不振などの不調が現れます。

このビタミンB1が不足して生じる「脚気(かっけ)」はビタミン欠乏症の疾患として知られています。

明治時代にはこの脚気が原因で年間で1万〜2万人もの死者が出たと言われています。

 

 

【ビタミン】の疲れへの効果

ビタミンは十分な量を摂取することで、体の疲労を回復する効果があります。

 

疲労回復の効果が期待できるビタミンは次のとおりです。

 

ビタミンB1

水溶性ビタミンの一種で、糖質からエネルギーを作りだす働きや、皮膚や粘膜を健康に保つ働きをもっています。

他にも筋肉や神経の疲れを和らげる効果をもっています。

 

・ビタミンB2

ビタミンB2もビタミンB1と同じく水溶性のビタミンです。

主に脂質をエネルギーに変え、代謝を支える働きをもっています。ビタミンB2が不足すると、だるさや倦怠感が感じるようになるため、しっかりと摂取することが大切です。

 

・ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質に含まれるアミノ酸をエネルギーとして変換し、筋肉や血液を作り出すときに作用します。

ビタミンB6には中枢神経を正常化する働きもあるため、欠かせないビタミンの一つとなっています。

 

・ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸と合わせて赤血球のヘモグロビン生成に協力しています。

また神経の機能を正常化する働きももっています。

 

・ビタミンC

ビタミンCには体の免疫力を高め、ストレスへの抵抗力を強める効果があります。

体の細胞間をつなぐコラーゲンの生成に欠かせなく、美容効果としても知られている成分です。

 

・ビタミンE

ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種で、体内中の脂質の酸化を防ぐ役割をもっています。

またビタミンEは血流の流れを良くするため、疲労物質を流し出すのに一躍かっています。

 

 

 

 

ビタミンの美容効果、たるみ・ほうれい線にも

ビタミンを摂取することで得られる効果は疲労回復だけではありません。

ビタミンは美容に良い成分が多く、顔のたるみやほうれい線の解消も期待できます。

 

数あるビタミンのなかでも、特に美容として高い効果が期待できるのが『ビタミンC』です。

ビタミンCは肌のたるみやほうれい線に効くだけでなく、シミやくすみ、ニキビなど様々な肌トラブルの解消に役立ちます。

ビタミンCがなぜこんなにも肌に良いのかというと、以下の点があげられます。

①高い抗酸化の力をもっている

②美肌の元であるコラーゲンを生成する

 

ビタミンCには酸化を抑制し、たるみやほうれい線といった肌トラブルの元を改善してくれます。

 

肌のたるみやほうれい線の原因は「糖化」が原因だといわれています。

糖化とは糖とタンパク質が結合することで発生します。

体内で急速に上がった血糖値によって余剰となった糖分が、タンパク質と結合することで起こるのです。

肌の糖化が進むと、肌のハリの元であるコラーゲンの弾力性を低くするだけでなく、コラーゲンやエラスチンの代謝まで遅らせます。

こうして肌のたるみやほうれい線が出来てしまうのです。

 

ビタミンCは肌の糖化を抑えてくれるため、女性の大敵であるたるみやほうれい線の予防にもつながります。

 

またビタミンCには前述したように、細胞と細胞を結合する役割をもつコラーゲンの生成に必要な栄養素!

コラーゲンの生成に必要となるだけでなく、コラーゲンそのものを強くする働きをもっています。

コラーゲンは繊維の束となっているのですが、このコラーゲンの繊維束を強くすることでお肌のハリとなる弾力が生まれるのです。

 

他にもビタミンCは、ヒアルロン酸を生成する繊維芽細胞を作り出す働きをもっています。

ヒアルロン酸はお肌の潤いや保湿に欠かせない重要な成分。

 

このようにビタミンCは摂取するだけで、美容に良いことがたくさんあるのです。

 

 

 

【ビタミン】授乳期のママにも大事

ビタミンは美容に気遣う女性はもちろん、男性でも世代を問わず摂取してほしい栄養素ですが、

授乳期であるお母さんにとっても欠かせません。

 

自らの母乳をあげるお母さんは、赤ちゃんにあげる分だけビタミンCを多く消費しています。

母乳にはビタミンCが100gあたりおよそ5g含まれています。

たださえ消耗しやすい栄養素なのですから、赤ちゃんに母乳を与えているお母さんの体内のビタミンCは不足しがちになってしまいます。

またビタミンCにはストレスの抵抗力を高める効果が分かっており、育児によってストレスがたまることも多いお母さんは必要な成分といえます。

 

ビタミンCには免疫力をあげる効果もあります。

お母さんの免疫力を高める他にも、母乳を飲んだ赤ちゃんの免疫力を高めるのに重要です。

ビタミンCを摂取することで、母乳の量を増やす働きもあるため、育児中のお母さんにもすすめられる栄養素だといえます。

 

 

 

まとめ

ビタミンが摂取したほうがいいことがわかりましたね。

とくにビタミンCは期待できる効果が多く、授乳中の女性にもおすすめです。

 

不足しがちな栄養素はサプリメントを利用しながら、必要量を摂取するように心がけていきましょう。